スポンサーリンク

急な知らせを聞いた場合にするべきことは?【参列】


【危篤の連絡を受けた時の対応はどうするべき?】 




危篤の知らせを聞いたときはできる限りすぐに駆けつけるようにしましょう。危篤の知らせというものは、本人がひと目でもいいから会いたいと思っている、そのご家族の方が会って欲しいと思っている人に届きます。ですので、知らせを受けた場合はすぐに駆けつけましょう。そして、連絡を受けたときには向かう場所、連絡先を必ず確認しておくようにしましょう。




服装は普段着でも構いません。ただし、遠方からの場合などは万が一のために喪服を準備しておくほうがいいでしょう。事前にどこかに預けることができる場所(ロッカーなど)を見つけておきましょう。




危篤の知らせは突然に届くものです。気になることなどもいろいろあると思いますが、ご家族の方の心情は穏やかではありません。連絡を受けたとき、対面したときに病状などを詳しく尋ねるのは控えておきましょう。さらに、その場はあまり長いをしないようにしましょう。




【死亡の連絡を受けたときにはどう対応するべき?】




死亡の連絡を受けたときは、いつ、どこで、誰が亡くなったのか、通夜や葬儀の場所・日程の確認をしておきましょう。また、宗教や宗派も尋ねておきましょう。もちろん、このときに故人の死因を尋ねることをしてはいけません。遺族の方に対してあまり多くを尋ねることは負担になってしまいます。必要最低限だけにとどめておきましょう。




危篤の連絡を受けた場合と同様ですが、故人が親しい友人や間柄などであればできる限りすぐに駆けつけ弔問しましょう。そこまで深い間柄ではない一般的な知人などであれば連絡を受けた直後は避けて、通夜の日もしくは葬儀や告別式の日に伺うようにしましょう。例外的かもしれませんが、隣近所などであればすぐに出向いてお悔やみを述べるのがマナーとされます。




会社勤めをしていると起こりうることですが、出張中や単身赴任など遠方にいる場合に連絡が届く場合もあります。葬儀に参列できるかどうかを本人と相談しましょう。本人が参列できない場合は、代理で参列する必要があればその段取りもしていきましょう。

スポンサーリンク