スポンサーリンク

いい葬儀を行うためのいい葬儀社の選び方

いい葬儀社の条件とは・・・?

いい葬儀を行うためには、いい葬儀社を選ぶことが大切ですが、いい葬儀社の条件とはなんでしょう。

CMや広告などでよく見かける有名な葬儀社がいい葬儀社であるというわけでもありませんし、同じように病院から紹介される葬儀社がいい葬儀社とも限りません。自分で手配しようとしていた葬儀社よりも費用が高くなってしまったという話もよくある話です。



インターネット上にも情報が数多くあふれていますので、事前に自分でしっかりと調べて決めておくことがいいでしょう。

いい葬儀社の条件を考えてみましょう。

・葬祭ディレクターが何人くらいいるのか
・葬儀社格付け機関の評価がどれくらいか
・ネット上での口コミ
・長年の実績
・豊富な施工例
・料金体系のわかりやすさ

などが挙げられます。

これらを踏まえた上で、実際に葬儀社に問い合わせをしてみるといいでしょう。



問い合わせる際にいちばんに考えておかなければならないことはどのような葬儀を行いたいかということです。これは葬儀社を選ぶ上で最も重要な事かもしれません。

家族葬がいい、たくさんの方に見送ってほしい、サービスのしっかりとした心温まる葬儀にしたい、お住まいの地域の方を中心とした葬儀にしたい、自分の思いの詰まった形の葬儀にしたいなど、希望はそれぞれみなさんの中にあると思います。
そして、葬儀社によって得意な分野があると思いますので、そのあたりもしっかりと問い合わせてみるといいでしょう。
最近では家族葬を中心に執り行う葬儀社も増えてきています。自分の希望に沿ってくれる葬儀社を見つけることがいい葬儀につながります。
もちろん、葬儀の形や規模によって費用も変わってきますので、そのあたりもしっかり問い合わせておきましょう。

葬儀社に問い合わせた際の対応や説明、意向に沿った提案、費用の見積もりの出し方、費用の支払い方法なども選ぶ条件になります。
また、担当者によってかわる場合もありますので自分にあった担当者を見つけることも大切です。気が合わないと感じる担当者ではいい葬儀にはなりません。



問い合わせに対して、

・しっかりと丁寧に受け答えをしてくれる
・自分の意向・希望をしっかりと聞いてくれる
・葬儀社の提案が問い合わせの中心にならない
・費用に関しての明細が具体的でわかりやすい
・自分の条件に沿った提案をしてくれる
・高額な費用の葬儀の提案をされない

葬儀社によっては施工主の意向が組まれない形で葬儀が進められたり、葬儀社の利益を優先した形の葬儀を行うように話を進めたり、問い合わせ段階から早期に契約を促そうとしたり、見積もりが不透明で請求が見積額と違いすぎたりといったこともよく聞ききますので、いい葬儀を行うためにはこのあたりも考えて葬儀社を選んでいくことが大切です。

スポンサーリンク